風俗が身近だったので

私はすすきのの飲食店で働いていたのですが、すぐ側には風俗店もいっぱいあり身近な存在だったため、風俗求人に応募して風俗で働いて見ることにしたのです。 最初の内は風俗に抵抗もあったのですが、すすきのの飲食で働いていると風俗帰りのお客さんもたくさん居て、このような人たちだったら別に大丈夫かなと思って働き始めたのです。 実際、働き始めてみると飲食店で働いていた時によく目にするお客さんも居て、わざわざこちらからは口には出しませんでしたが、相手の方から気づいてくる人も居てなんだか不思議な気持ちになりました。 そのような感じで、割りと馴染みのある人達を相手にすることができることから、意外に風俗の仕事というのはきつくなく、最初のうちからすんなりと馴染むことができました。 風俗で働きながらも、飲食店の仕事は続けていたのですがそうなってくると完全に両方の仕事で接する人というのも増えてきて、顔見知りが増えたことでどちらの仕事もしやすくなったのです。 全く知らない人を相手にするのは大変でも、どこかで接したことがある相手をサービスするのは意外に苦ではないということを知り、風俗の仕事も悪くはないなと感じるようになったのでした。